≫ 掲載希望のサロン様はこちら

まつ毛パーマの持ちは平均どれくらい?長持ちさせる方法も紹介!

まつ毛パーマの持ち

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

まつ毛パーマは人気のアイラッシュメニューですが、どれくらい持つのか気になっている方も多いかと思います。

また、せっかくかけたまつ毛パーマを平均よりも長持ちさせる方法があるならば、知りたいですよね。

お客様

まつ毛パーマってだいたいどれくらい持つの?

お客様

かけ直しするタイミングはいつ?

お客様

まつ毛パーマを長持ちさせる方法はある?

本記事では、このようにお悩みに方に向けて、まつ毛パーマの持ちについて詳しく解説していきます。

まつ毛パーマがどれくらい持つのか知りたい方は、本記事を参考になさってください。

まつ毛パーマの平均的な持ちの期間

まつ毛パーマの持ちは、平均すると3週間~4週間ほどです。

まつ毛パーマは、かけた直後はすべての自まつ毛に均等にカールがつき、毛先の向きも揃った状態です。

しかし、時間の経過とともに少しずつ、カールのゆるみ方向の乱れが出てきます。

まつ毛パーマの種類によって持ちは多少変わりますが、カールのゆるみや方向の乱れが気になりだすのが、まつ毛パーマをかけてから3週間~4週間ほど経ったタイミングです。

まつ毛パーマの「持ち」とは?

まつ毛パーマの「持ち」とは、まつ毛パーマがすべて取れて無くなるまでの期間のことではありません。
時間の経過によってカールのゆるみ方向の乱れ気になってくるまでの期間のことを、一般的には「持ち」といいます。

まつ毛パーマの持ちには個人差がある

平均すると3週間~4週間ほど持つまつ毛パーマですが、実際の持ちには個人差が出ます。

まつ毛パーマの持ちに個人差が出るのは、以下2つの理由が主な理由です。

  1. 自まつ毛が生え変わる毛周期に個人差があるため
  2. まつ毛パーマの劣化に対する美意識に個人差があるため

自まつ毛が生え変わる毛周期に個人差があるため

自まつ毛が生えてから抜け落ちるまでのサイクルのことを「毛周期」といいますが、毛周期のスピードは人によって異なります。

おおた

同じ人でも季節や体調などによって毛周期が変わることもあります!

まつ毛パーマの持ちは、かけたカールが徐々に取れていくだけでなく、自まつ毛が伸びることで下がってきたりバラついたりするものです。

そのため、毛周期のサイクルが早めの人ほどまつ毛パーマが取れるスピードも早く、毛周期のサイクルが遅めの人ほどまつ毛パーマが取れるスピードは遅くなります。

まつ毛パーマの劣化に対する美意識に個人差があるため

まつ毛パーマがどれくらい劣化したタイミングで気になってくるか、ひとりひとりの美意識には個人差があります。

例えば「数本だけ方向が乱れただけでも気になる」という方は、2週間くらいで劣化が気になる可能性があります。

しかし、「カールが少しでも残っていれば大丈夫」という方は、5週間くらい経っても劣化が気にならないかもしれません。

まつ毛パーマの持ちに3週間~4週間と幅があるのは、劣化に対する美意識の違いがあるためです。

かけ直しするときは1ヶ月以上の間隔をあける

まつ毛パーマのカールのゆるみや方向の乱れが気になってくると、再度まつ毛パーマをかけ直してメンテナンスを行なう必要があります。

まつ毛パーマは薬剤を使用して施術を行なうため、あまり頻繁にかけるのは自まつ毛への負担に繋がります。

おおた

そのため、かけ直すのは前回の施術から1ヶ月ほど時間が経ってからにしましょう。

1ヶ月以内にかけ直しをしてしまうと、カールが強くなりすぎてしまったり、毛先が傷んでチリチリになったりする可能性があります。

自まつ毛がすべて生え変わるまでは約3ヶ月かかる

自まつ毛がすべて生え変わるまでの期間は約3ヶ月のため、まつ毛パーマがすべて取れて無くなるまでにかかる期間も約3ヶ月ほどかかります。

毛周期によって生え変わるスピードは前後するため、早めの方だと2ヶ月、遅めの方だと4ヶ月ほどかかる場合もあります。

ちなみに、まつ毛パーマが残っている状態だと、マツエクを装着することはできません。

おおた

まつ毛パーマにはデメリットもあるため、まつ毛パーマをやめてマツエクをつけたくなる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、まつ毛パーマをかけた後でマツエクをつけるためには、まつ毛パーマが完全に取れて無くなるのを待つ必要があります。

つまり、まつ毛パーマをかけてからマツエクをつけられるようになるまで、約3ヶ月かかります。

すべて生え変わる前にマツエクに切り替える方法

まつ毛パーマの上からはマツエクをつけることはできませんが、「パリジェンヌラッシュリフト」であれば上からマツエクをつけることができます。
もし、まつ毛パーマからマツエクに切り替えたくなった場合は、1ヶ月後にパリジェンヌラッシュリフトをかけて徐々にマツエクだけの仕上りにシフトしていくことをおすすめします。
パリジェンヌラッシュリフトとマツエクの併用についてまとめた記事もありますので、マツエクへの切り替えを検討されている方はご覧ください。
パリジェンヌとマツエクの併用(パリエク) パリジェンヌとマツエクは併用できるの?話題のパリエクについて解説

まつ毛パーマを長持ちさせる方法

平均3週間~4週間の持ちであるまつ毛パーマですが、1日でも長く持たせることができたら良いですよね。

また、平均よりも持ちが悪くてお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、まつ毛パーマを長持ちさせる方法をご紹介いたします。

施術後3時間~4時間は水で濡らさない

まつ毛パーマの施術後3時間~4時間は、施術に使用した薬剤の反応が完全には止まっていません。

薬剤の反応が続いているうちに水で濡らしてしまうと、カールがしっかり固定されず、持ちが悪くなることがあります。

そのため、施術後3時間~4時間は洗顔や入浴を避けましょう。自まつ毛が濡れてしまう可能性があるため、サウナ汗をかくスポーツなども避けたほうが無難です。

また、まつ毛美容液マスカラにも水分が含まれているため、塗るの3時間~4時間が経過した後にしましょう

洗顔やクレンジングでゴシゴシこすらない

まつ毛パーマは、洗顔やクレンジングによって人工毛がはずれてしまうマツエクと違い、洗顔方法やクレンジング剤の制限がありません。

そのため、洗顔クレンジングの際に、必要以上に強い力でこすってしまう可能性が高くなります。

おおた

あまり強い力でこすってしまうと、自まつ毛が抜けてしまうため注意が必要です!

まつ毛パーマのかかっている自まつ毛が抜けてしまえば、そのぶんまつ毛パーマの持ちは悪くなってしまいます。

まつ毛パーマのかかっている自まつ毛が抜けないように、洗顔やクレンジングは優しい力で行いましょう

まつ毛美容液で自まつ毛をケアする

まつ毛パーマは自まつ毛直接かける施術なので、自まつ毛のハリコシがしっかりしているほうがまつ毛パーマが安定します。

また、毛根がしっかりしているほうが抜けにくいため、まつ毛パーマのかかっている自まつ毛が残りやすくなります。

おおた

薬剤による自まつ毛のダメージを補修する意味でも、まつ毛パーマは必須アイテムです!

まつ毛美容液を使用してケアをしていくことで、自まつ毛の状態は良くなり、まつ毛パーマの持ちも良くなります。

まとめ

本記事では、まつ毛パーマの持ちについて詳しく解説してきました。

まつ毛パーマの平均的な持ちは、3週間~4週間ほどです。ただし、毛周期や美意識の違いによってまつ毛パーマの持ちには個人差が出ます。

自まつ毛の傷みを避けるためにも、かけ直す際は1ヶ月以上の期間をあけるようにしましょう。

自まつ毛がすべて生え変わるまでは3ヶ月ほどかかってしまうため、マツエクに切り替えたい場合はパリジェンヌラッシュリフトをかけ直し、パリエクの施術をするのがおすすめです。

まつ毛パーマの持ちを良くするための方法もご紹介しましたので、ぜひ参考になさってください。


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です