≫ 掲載希望のサロン様はこちら

まつ毛パーマはマツエクと同時に施術できる?併用する場合のポイント

まつ毛パーマとマツエクの併用

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

まつ毛パーマは、薬剤を使用して自まつ毛にカールをつける施術です。しかし、マツエクのようにボリューム感を出すことはできません。

それに対しマツエクは、人工毛でまつ毛をボリュームアップさせることが可能ですが、まつ毛パーマのように自まつ毛を立ち上げる効果がありません。

そのため、まつ毛パーマとマツエクを同時に施術できないかお考えのお客様も多いかと思います。

お客様

まつ毛パーマとマツエクは併用できる?

お客様

まつ毛パーマだけではボリュームが物足りなくて…

お客様

マツエクだけでは自まつ毛の下がりが気になる…

本記事ではこのようにお考えの方に向けて、まつ毛パーマとマツエクの併用について詳しく解説していきます。

結論から言うと、普通のまつ毛パーマをマツエクと同時に施術することは不可能です。ですが、中にはマツエクと併用できる特殊なまつ毛パーマの種類もあります。

まつ毛パーマとマツエクを同時に施術したい方は、ぜひ本記事を参考になさってください。

まつ毛パーマとマツエクの併用が必要な場合

まつ毛パーマとマツエクは、本来それぞれ片方だけで完結する美容施術です。

ですが、以下のような場合、まつ毛パーマとマツエクの併用が必要になる場合があります。

  • まつ毛パーマの物足りなさが気になる
  • マツエク派だけど逆さまつ毛が気になる
  • マツエクと自まつ毛の毛先の差が気になる

まつ毛パーマの物足りなさが気になる

まつ毛パーマの再ブームによって、マツエクからまつ毛パーマに切り替えてみた方も多いかと思います。

しかし、まつ毛パーマはマツエクのようにボリューム感が出ないことがデメリットでもあります。

おおた

思った以上の物足りなさに、後悔される声も少なくありません…

とくに、マツエク特有のボリューム感に慣れている方の場合は、まつ毛パーマだけではスッピンのように感じる場合もあります。

このようにまつ毛パーマ施術後の物足りなさに悩まれている場合、マツエクを装着する必要が出てきます。

マツエク派だけど逆さまつ毛が気になる

マツエクは、まつ毛のボリュームアップが叶うことが最大の魅力です。

ビューラーマスカラの手間が省け身支度の時短にもなることから、多くの支持を得てきました。

おおた

ですが、マツエクには自まつ毛そのものを立ち上げる効果がありません。

そのため、多くの方が悩まれている逆さまつ毛の改善には役立ちません。

逆さまつ毛にお悩みの場合は、まつ毛パーマでまつ毛を上げつつ、マツエクでボリュームアップする必要があります。

マツエクと自まつ毛の毛先の差が気になる

マツエクだけでパッチリとした仕上がりにするためには、カールの強いマツエクをつける必要があります。

ですが、カールの強いマツエクほど毛先が上向きになるため、自まつ毛との毛先の開きが大きくなります。

おおた

自まつ毛の毛先は下向きなのに、マツエクの毛先は上向きという状態です…

自まつ毛が太くて目立つ方の場合、この自まつ毛とマツエクとの毛先の開きが目立ってしまい、気になる方もいらっしゃいます。

自まつ毛とマツエクの毛先の差を少なくし、馴染ませるためには、自まつ毛を上げつつマツエクのカールを下げる必要があります。

普通のまつ毛パーマとマツエクは同時にできない

マツエクは、ストレートな自まつ毛に装着する技術です。

自まつ毛がストレートの状態でないと、人工毛との接着面を十分に確保することができません。

一方、まつ毛パーマをかけている自まつ毛は、自まつ毛が全体的にカールしている状態です。

そのため、普通のまつ毛パーマとマツエクは同時に施術することができないのです。

普通のまつ毛パーマとマツエクを併用したらどうなる?

普通のまつ毛パーマとマツエクを同時に施術すると、マツエクの持ちが極端に悪くなるか、マツエクの方向が乱れた状態で仕上がります。

まつ毛パーマのかかっている自まつ毛に対し、マツエクの方向をキレイに仕上げようとすると、接着面が極端に短くなり簡単に取れてしまいます。

持ちを良くしたいからと言って、まつ毛パーマのかかっている自まつ毛に対し接着面を長く取ろうとすると、方向がバラついて仕上がります。

まつ毛パーマとマツエクを同時に施術したい場合

普通のまつ毛パーマはマツエクと併用できない理由は、自まつ毛の全体にカールがつくからです。

つまり、自まつ毛がカールしないまつ毛パーマであれば、マツエクと併用することができます。

そして、まつ毛パーマにはいくつかの種類がありますが、次世代まつ毛パーマの一種である「パリジェンヌラッシュリフト(以下、パリジェンヌ)」であれば、マツエクと同時に施術することが可能です。

マツエクと併用できるまつ毛パーマ

パリジェンヌは、自まつ毛の根本のみを立ち上げる特殊な技術です。

そのため、普通のまつ毛パーマのように自まつ毛全体にカールがつきません

おおた

自まつ毛はストレートな状態で、根本だけが80°立ち上がります!

つまり、パリジェンヌをかけた上からマツエクを装着しても、接着面には何ら悪影響がないのです。

なお、パリジェンヌとマツエクの併用メニューは「パリエク」と呼ばれ、多くのアイラッシュサロンで人気を集めています。

まとめ

本記事では、まつ毛パーマとマツエクの同時施術について解説してきました。

普通のまつ毛パーマは、自まつ毛にカールがつくためマツエクとの併用ができません。

しかし、自まつ毛の根本のみを立ち上げるパリジェンヌであれば、同時に施術することが可能です。

まつ毛パーマの物足りなさや、下がりまつ毛にお悩みのマツエク派の方は、ぜひパリエクを検討してみてください。


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です