≫ 掲載希望のサロン様はこちら

まつ毛パーマをかけたあとのお風呂の入り方について詳しく解説

まつ毛パーマ後のお風呂の入り方

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

まつ毛パーマをかけたあとのお風呂の入り方について不安や疑問を抱えているお客様は多いものです。

「まつ毛パーマの後、お風呂は何時間後から入っていいの?」
「お風呂の中で顔を洗うとき、何か注意することはある?」
「お風呂に入ったあとに、必要なケアがあれば知りたい!」

本記事ではこのようにお悩みの方に向けて、まつ毛パーマをかけたあとのお風呂の入り方について詳しく解説していきます。

なお、本記事の内容はパリジェンヌラッシュリフトなどパーマ系メニュー全般に当てはまりますので、アイラッシュサロンでパーマ系の施術を受けた方はぜひ参考になさってください。

まつ毛パーマをかけた3~4時間後からお風呂に入れる

まつ毛パーマ(以下、マツパ)をかけた当日は、施術から3~4時間ほど経過するまで入浴してはいけません

施術後3~4時間以内にお風呂に入ってしまうと、せっかくかけたマツパがゆるんでしまったり、マツパの持ちが通常よりも悪くなったりする可能性があります。

まつ毛パーマの持ち まつ毛パーマの持ちは平均どれくらい?長持ちさせる方法も紹介!

施術の直後にお風呂に入るとなぜマツパのゆるみや持ちの悪さに繋がるのか、理由が気になる方のためにもう少し詳しく解説していきます。

自まつ毛のph(ペーハー)が落ち着くまで最低3~4時間かかる

マツパの仕組みは、薬剤を使用して自まつ毛のph(ペーハー)を調整するものです。

簡単に説明すると、1剤で自まつ毛をアルカリ性に傾けることで内部の結合をゆるめ、ロッド(型)で好みの形をつくった状態で2剤を塗布することで酸性に傾き、カールが形状記憶されます。

2剤を浸透させた時点でマツパはほとんど完成していますが、薬剤の反応を完全に止めるためには空気に触れさせる必要があります

この空気に触れさせる時間は本来24時間以上が望ましいと言われており、この間は自まつ毛を水で濡らさないように気をつける必要があります。

とはいえ、24時間というのはなかなか現実的な時間ではないため、施術から最低3~4時間の時間を設けるようアナウンスしているサロンがほとんどです。

お風呂の中で顔を洗うときは「優しく」「丁寧に」が基本

施術後しっかり3~4時間ほど時間を置いたら、あとは普通にお風呂に入って大丈夫です。

髪を洗うときのシャワーがまつ毛にかかっても大丈夫ですし、クレンジング剤でメイクを落としたり洗顔フォームでお顔を洗っても問題ありません。

ただし、お目元をゴシゴシこすることだけは厳禁です。

自まつ毛の「抜け毛」や「切れ毛」に要注意

マツパをかけたあとの自まつ毛は、バージン毛(なにも施術していない毛)に比べてダメージを受けた状態になっています。

通常よりも自まつ毛が抜けたり切れたりするリスクが高まっていますので、いつもより優しく丁寧に取り扱う必要があります。

アイメイクはゴシゴシこすって落とすのではなく、クレンジング剤をジワ~っと馴染ませて浮かせ、力を入れずにスルンと落とせるようにしましょう。

洗顔も同様にゴシゴシと洗わず、優しく泡のクッションで優しく洗うようにしましょう

モッチリした濃密泡でこすらず汚れを落とせる、Manyo Factoryのピュアディープ洗顔料がおすすめです。

まつ毛パーマはクレンジング剤の選び方が重要

とはいえ、クレンジングや洗顔を優しく丁寧にすることで、メイクや皮脂汚れが残留するのも避けたいところです。

自まつ毛の生え際に汚れが溜まっていくと、健やかな自まつ毛の成長が妨げられ、自まつ毛が細く短く弱ってしまう原因となります。

力を入れずに目元の汚れを落とすためには、メイク馴染みの良いクレンジング剤を選ぶことが大切です。

マツパ後に使用するクレンジング剤は、マツエクのようにオイルフリーなどの指定がないので、メイクがしっかり落ちることを優先に選ぶことをおすすめします

ウォータープルーフのメイクもしっかり落ちる、アテニアのスキンクリアクレンズオイルが人気です。

お風呂に入ったあとは自まつ毛をしっかりケアする

お風呂から上がったあとは、自まつ毛のケアをしっかり行うことが大切です。

自まつ毛も髪の毛と同じで、濡れたまま自然乾燥させてしまうとキューティクルの開きや傷みの原因となります。

髪の毛のようにわざわざドライヤーで乾かす必要はありませんが、シャワーの水気をしっかりとタオルで拭き取りましょう。

保湿&ダメージケアには「まつ毛美容液」が必須

プラスアルファのお手入れとして、自まつ毛の保湿やダメージケアを行うとマツパが長持ちしやすくなります。

自まつ毛の保湿やダメージケアを行うためには、まつ毛美容液によるデイリーケアが欠かせません。

お顔に化粧水を塗るのと同じような感覚で、まつ毛美容液でのケア習慣化することをおすすめします。

ただし、まつ毛美容液は商品選びが肝心です。とはいえ、1万円を超えるまつ毛美容液には手を出しづらいですよね。

エマーキットは、1万円以下のまつ毛美容液の中でも口コミ評価が高く、コスパが良くておすすめです。

水橋保寿堂オンラインショップ
¥5,600 (2024/02/15 22:23時点 | Amazon調べ)

まとめ

本記事では、まつ毛パーマをかけたあとのお風呂の入り方について詳しく解説してきました。

マツパをかけたあとは、しばらく時間を置いて空気に触れさせる必要があります。そのため、入浴やシャワーは最低でも施術の3~4時間後にしましょう。

また、入浴中にクレンジングや洗顔を行う際は、抜け毛や切れ毛を防ぐため、優しく丁寧に洗いましょう。メイク残りを防ぐため、化粧落ちの良いクレンジングを選ぶこともポイントです。

お風呂のあとは自まつ毛をいたわるため、水分の拭き取りやまつ毛美容液を使用したケアをしっかり行いましょう。

なお、お風呂以外にもまつ毛パーマ当日の注意点について全般的に知りたい方は、こちらの記事も参考になさってください。

まつ毛パーマ当日の注意点 まつ毛パーマ当日の注意点|メイクやお風呂はどうすればいいの?

こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です