≫ 掲載希望のサロン様はこちら

色素沈着しないまつ毛美容液おすすめ2選|選び方も徹底解説!

色素沈着しないおすすめまつ毛美容液

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

本記事では「色素沈着しないまつ毛美容液」のおすすめの商品を2つに厳選してご紹介していきます。色素沈着しないまつ毛美容液を選ぶ1番のポイントは、「ビマトプロスト」という成分が含まれないことです。

お客様
お客様

まつ毛美容液を色々見てるけど、色素沈着が心配!

お客様
お客様

お客様色素沈着しないおすすめのまつ毛美容液が知りたい!

このように「色素沈着しないまつ毛美容液」をお探しの方は、ぜひ本記事を参考になさってください。

色素沈着しないまつ毛美容液の選び方

まつ毛美容液で色素沈着が起きてしまう最大の原因は、「ビマトプロスト(プロスタグランジン)」という成分の副作用によるものです。言い換えれば「ビマトプロストが含まれるまつ毛美容液=色素沈着するまつ毛美容液」ということ。つまり、色素沈着しないまつ毛美容液を選ぶなら、ビマトプロストが含まれない商品を選ぶことが重要になります。

なお、ビマトプロストとはもともとまつ毛の貧毛症の治療に用いられる成分です。貧毛症の治療薬というだけあって、ビマトプロストが含まれるまつ毛美容液には高い育毛効果が現れます。しかし、同時にメラニン色素を活性化させる効果もあるため、まつ毛の生え際の皮膚までメラニン色素が多く生成されてしまうのです。

なお、まつ毛美容液で色素沈着が起こる原因は、ビマトプロスト以外にも摩擦やその他の刺激などが考えられます。細かいその他の原因も気になる方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

まつ毛美容液の色素沈着はなぜ起こるのか? まつ毛美容液で色素沈着するのはなぜ?理由や原因となる成分について解説!

色素沈着しないまつ毛美容液おすすめ2選

さっそく、色素沈着しないおすすめのまつ毛美容液を2つご紹介していきます。

それぞれのまつ毛美容液のについて詳しく解説していきますので、お気に入りのまつ毛美容液をぜひ見つけてください。

PHOEBE(フィービー)

PHOEBE(フィービー)は、かわいい透明ピンク色のボトルが印象的なまつげ美容液です。インフルエンサーにも愛用者が多い人気まつ毛美容液で、SNSでもよく見かける商品ですよね。

PHOEBE(フィービー)には色素沈着の原因物質であるビマトプロストは含まれていません。また、ブラシタイプなのでお肌にもつきづらく、まつ毛のみにピンポイントで塗ることも可能。

おおた
おおた

ブラシタイプだと、まつ毛の毛流れも整えられて一石二鳥です!

PHOEBE(フィービー)は、各種通販サイトや、薬局やバラエティショップでも購入可能です。

ただし、人気商品というだけあってほとんどのショップが定価の販売。割引されていたとしても、微々たるものです。

おおた
おおた

先日ドン・キ◯ーテまでリサーチに行ったのですが、やっぱり大幅な割引はされていませんでした…。

ドンキで売られているphoebe(フィービー)
あの激安の殿堂でさえも、PHOEBE(フィービー)は定価とほぼ同じくらいの価格で売られていました。

5,000円ちかいまつ毛美容液となると、なかなかお試しで購入する気にはなれませんよね。

でも、安心してください。

じつは今、PHOEBE(フィービー)の公式サイトでは定価の約40%で販売されていて、初回2,980円税抜での購入が可能です。容量もたっぷり5mlなので、2ヵ月もちます。

「SNSでよく見るピンクのまつ毛美容液が気になっていた!」という方は、この機会に公式サイトでお試しいただくのがおすすめです◎

初回2,980円でお試し

Sponsored by DINETTE

PHOEBE(フィービー)のまつ毛美容液についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせてご覧ください。

PHOEBE BEAUTY UP(フィービービュティーアップ)のまつ毛美容液「アイラッシュセラム」 phoebe(フィービー)のまつ毛美容液|口コミ・評判・使い方など解説!

SEIMEI(セイメイ)

SEIMEI(セイメイ)は、美容のプロたちに選ばれて3冠を達成している実力派のまつ毛美容液です。

おおた
おおた

「美容家が選ぶまつ毛美容液No.1」「満足度が高いまつ毛美容液No.1」「まつ毛美容液口コミ評価No.1」といった高い評価を、日本トレンドリサーチによる調査で受けています。

また、SEIMEI(セイメイ)は、美容成分が98%以上も含まれている超濃厚まつ毛美容液であることも特徴。

まつ育に効果があると言われている「ワイドラッシュ」「キャピキシル」「シムラッシュ1631」といった美まつ毛成分はもちろん、50種類以上のケアサポート成分が含まれています。

注目の美容成分であるヒト幹細胞培養液エキスの「HASver.Ⅱ(ハスツー)」が含まれていることも魅力です。

もちろん、色素沈着の原因となるビマトプロストは含まれていません

SEIMEI(セイメイ)の定価は11,000円、モノが良いぶん定価は少々お高めです。

おおた
おおた

良い商品と分かっていても、定価で買うには勇気がいるかと思います。

ですが、amazon・楽天・yahooなども通販サイトでは、定価よりも安い価格で販売されています。

さらに公式サイトの定期コースを利用すれば、約60%OFFの3,980円で購入が可能です。送料無料なのも嬉しいポイント。

「良いものを安く試してみたい!」という方は、チェックしてみてください。

初回3,980円でお試し

色素沈着しないまつ毛美容液よくある質問

ここまで、色素沈着しないまつ毛美容液を2つご紹介しました。気になる商品はありましたか?

どれも成分が良いものなので定価は少々お高めですが、公式サイトを利用するとお得に購入できるのでぜひチェックしてみてくださいね。

また、実際に購入する前には気になる疑問や不安を明らかにしてから、ゆっくり商品を見極めたいですよね。

そこで最後に、まつ毛美容液と色素沈着の関係についてよくある疑問にお答えします。

まつ毛美容液で色素沈着したらどうなる?

まつ毛美容液によって色素沈着すると、まぶたのキワの皮膚が赤黒く変色した状態になります。

もしも色素沈着した場合、お肌のターンオーバーとともにメラニン色素は排出され、通常は時間の経過とともに改善されます。しかし、色素沈着が治るまでは1ヶ月以上かかることもあり、その間は原因となったまつ毛美容液は使用できなくなります。

とはいえ、まつ育を成功させるためには、まつ毛美容液の使用を一定期間以上は継続する必要があります。

そのため、まつ毛美容液の使用を途中で中止するリスクを減らしたい場合は、ビマトプロストの含まれないまつ毛美容液をはじめから使用することをおすすめします。

まつ毛美容液の色素沈着の治し方 まつ毛美容液で色素沈着したらどうする?治し方について解説
まつ毛美容液による色素沈着の予防法はある?

ビマトプロストが含まれたまつ毛美容液を使用する場合、色素沈着を完全に予防するのは難しいです。

「ワセリンやアイクリームをまぶたに塗って保護する」というアイデアの発信を見かけることが時々ありますが、まつ毛美容液を塗るたびに保護するのは手間になります。

おおた
おおた

「まぶたの保護」という手間が1つ増えるだけで、まつ毛美容液を塗ること自体が面倒になりますよね…

また、誤ってワセリンやアイクリームが自まつ毛の根本に付着してしまうと、肝心のまつ毛への浸透が悪くなり、本来の育毛効果が発揮されない可能性もあります。

そのため、ビマトプロストが含まれたまつ毛美容液の使用は、色素沈着のリスクが不安な方にはおすすめできません。

まつ毛美容液で色素沈着しない方法 まつ毛美容液で色素沈着しない方法|ワセリンやアイクリームでの予防は非推奨

まとめ

本記事では、色素沈着しないおすすめのまつ毛美容液を2つに厳選し、ご紹介いたしました。

色素沈着する成分が含まれるまつ毛美容液を使用すると、目の周りが赤黒くなってしまうことがあります。

本記事でご紹介したような“ビマトプロストが含まれないまつ毛美容液”を選ぶことは、色素沈着しないまつ毛美容液の一つの目安となります。

まつ毛美容液に選びでお悩みの方は、ぜひ参考になさってください。


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です