≫ 掲載希望のサロン様はこちら

マツエクのカールの種類|人気の組み合わせも紹介

マツエクのカールの種類

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

マツエクのカールには多くの種類があるため、どれを選べば良いのか分からないという方は多いものです。

お客様

マツエクのカールにはどんな種類があるの?

お客様

どの名前のカールが、どの強さのカールなのか分からない

お客様

1番人気やおすすめのカールはどれ?

本記事ではこのようにお悩みの方に向けて、マツエクのカールの種類について詳しく解説していきます。

マツエクのカールの種類にお困りの方は、ぜひ本記事を参考になさってください。

マツエクのカールの種類

マツエクのカールの種類の例

マツエクの仕上がりを左右する重要な要素の一つが、カールの種類です。

カールの弱いマツエクを選べばナチュラルに仕上がり、カールの強いマツエクを選べばドーリーな仕上がりになります。

それぞれのカールには「◯◯カール」という名称が付けられており、代表的なカールには「Jカール」「Cカール」「Dカール」「Lカール」などがあります。

また、マツエクの商材メーカーやサロンごとにカールの種類はさらに細分化されており、ほかにも「Iカール」「Bカール」「SCカール」「CCカール」「LCカール」「LDカール」などがあります。

そこでまずは、人気のカールを中心にカールの強さや特徴について解説していきます。

Jカール

一般的によく使われるカールの一つに「Jカール」があります。

Jカールはカールの弱いマツエクの代表格で、ナチュラル派の方に人気です。

また、タレ目風のデザインにする際などに目尻だけに用いられる場合もあります。

Jカールよりもカールが弱くストレートに近い「Iカール」というカールもありますが、導入店舗は少なめです。

また、JカールとCカールの中間に位置する「Bカール」というカールもあり、Jカールよりも少し華やかさをプラスしたい方などにおすすめです。

Cカール

マツエクのカールの中で最もポピュラーな種類が「Cカール」です。

Cカールは1番人気のカールで、ビューラーで自然にまつ毛をカールさせたような華やかさが特徴です。

ナチュラルすぎず、派手すぎず、程よいカール感に仕上がります。

マツエクを初めてつけるお客様はCカールを基準にカール選びを行い、「もっと弱いカールのほうが落ち着く」「もっと強いカールのほうが好き」といったお好みを探っていくのがおすすめです。

Dカール

CカールやJカールに続いて人気な種類に、カールの強い「Dカール」があります。

Dカールは円を半分に切ったような丸みのあるカールが特徴で、ボリューム派の方に人気です。

また、全体的にDにカールを装着するとやや派手な仕上がりになりますが、とくに強調したい部分にポイントで装着することもできます。

なお、Dカールと同様にカールの強いマツエクには「SCカール」や「CCカール」があります。

アイラッシュサロンによってはDカールではなく、SCカールやCCカールを導入しているケースもあります。

ただし、これらカールの強いマツエクは湾曲が強いぶん自まつ毛との接着面が短くなる性質があり、マツエクの持ちが悪くなる場合があります。

Lカール

カールが強いマツエクの欠点である接着面の短さを改善したのが「Lカール」です。

Lカールは、マツエクの根元付近が数mmストレートになっていて、自まつ毛との接着面が長く取れることが特徴です。

根本付近はストレートですが、途中からアルファベットのL字のようにカールがついていて、正面から見るとしっかりまつ毛が立ち上がっているように見えます。

また、Lカールには立ち上がりの強さによって「LCカール」や「LDカール」などのバリエーションがあります。

人気のカールの組み合わせ

ここまでマツエクのカールの種類にはどのようなものがあるのか解説してきました。

マツエクのカールは1回の施術で1種類のみを使用する場合もありますが、複数のカールの種類を組み合わせて施術することも可能です。

複数のカールを組み合わせることで、1種類のカールではつくることのできない微妙な印象の違いをもたらすことができます。

そこで、一般的に人気なカールの組み合わせをご紹介します。

目尻だけカールを下げる

目尻のカールだけを部分的に下げることで、優しい雰囲気を演出することができます。

例えば、目頭や中央をCカールでつけていた場合、目尻につけるマツエクだけJカールにします。すると、目尻が下がった柔らかい印象になります。

いわゆる「タレ目風」のデザインで、ツリ目やキツい印象に悩まれているお客様にも人気です。

なお、CカールとJカールの組み合わせだけでなく、DカールとCカールの組み合わせにすることも可能です。

タレ目感をより一層強めたい場合は、カールの差を強めるために、DカールとJカールの組み合わせにすることもあります。

中央だけカールを上げる

中央(黒目の上)のカールだけを部分的にあげることで、丸みを帯びた可愛らしい目元にすることができます。

例えば、目頭と目尻をCカールでつけていた場合、中央のカールだけをDカールにします。すると、目の縦幅が強調されてパッチリとして見えます。

まぶたの厚み、重み、たるみなどによって黒目の上にまぶたが被る方や、目の細さに悩まれている方などに人気です。

こちらも組み合わせ方は自由で、JカールとCカールの組み合わせや、JカールとDカールを組み合わせるケースもあります。

まとめ

本記事では、マツエクのカールの種類について詳しく解説してきました。

マツエクのカールには様々な種類があり、代表的な「Jカール」「Cカール」「Dカール」「Lカール」以外にも、「Iカール」「Bカール」「SCカール」「CCカール」「LCカール」「LDカール」などがあります。

また、これらは組み合わせて装着することも可能で、部分的にカールを変えてつけることでデザインに変化をもたらすことが可能です。

なりたい印象に近づくため、カールを上手に組み合わせてくださいね。

なお、マツエクの種類についてまとめた記事もありますので、毛質や技術のことも知りたい方はあわせてご覧ください。

マツエクの種類まとめ マツエクの種類まとめ|どれを選べばいいか分からない方へ


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です