≫ 掲載希望のサロン様はこちら

フラットラッシュが不自然?違和感の原因とナチュラルにする方法!

フラットラッシュが不自然

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

フラットラッシュは、「軽さ」「柔らかさ」「持ちの良さ」など様々なメリットがあるマツエクの毛質です。

しかし、初めてフラットラッシュを付けたお客様の中には、仕上りが思ったよりも不自然で、フラットラッシュを選んだことを後悔される方も一定数いらっしゃいます。

お客様

いつもと同じデザインで付けたのに、派手になってしまった

お客様

人工的な感じがして、ぜんぜんナチュラルじゃない!

お客様

仕上りが濃すぎる!次回も付けるかは悩んじゃうなぁ…

本記事ではこのようにお困りの方に向けて、フラットラッシュが不自然になる原因を解説してから、フラットラッシュをナチュラルに仕上げるためのアイデアをご紹介いたします。

「フラットラッシュの不自然さが苦手…」とお悩みの方は、ぜひ本記事を参考になさってください。

フラットラッシュが不自然になる原因

フラットラッシュは、1本の自まつ毛に1本のマツエクを装着していくシングルラッシュの仲間です。

おおた

シングルラッシュの中でもフラットラッシュは、とくに軽くて柔らかく持ちが良いため、多くのお客様が好んで選ばれる毛質です。

しかし、せっかくフラットラッシュを付けてみたものの仕上りが不自然に感じてしまい、ガッカリされるお客様も珍しくありません。

このように、フラットラッシュが不自然に仕上がるのにはいくつか理由があります。また、原因を解明し対策をすることで、不自然さを軽減することができます。

そこでますは、フラットラッシュが不自然になる原因について確認していきましょう。

なお、フラットラッシュの特徴について詳しくまとめた記事もありますので、フラットラッシュの毛の構造などが気になる方はあわせてご覧ください。

マツエクのフラットラッシュ フラットラッシュまとめ|最軽量で負担の少ないマツエクの種類はこれ!

【フラットラッシュが不自然になる原因その1.】リフトアップ効果

フラットラッシュが不自然に仕上がる理由の1つとして、フラットラッシュならではの軽さによるリフトアップ効果があります。

フラットラッシュは、体積が通常のマツエクの3分の1ほどしかなく、それに比例してマツエクの重量も軽くなっています。フラットラッシュは軽量のため、マツエクの重みによって自まつ毛が下がることはほとんどありません。

ところが、今までフラットラッシュ以外のマツエクを装着していた場合、マツエクの重みによってまつ毛が下がっていた可能性があります。

このように、マツエクの重みによって下がってしまった自まつ毛に見慣れている方の場合、フラットラッシュのリフトアップ効果によってパッチリと仕上がった目元に見慣れず、違和感を感じることがあります。

【フラットラッシュが不自然になる原因その2.】毛先の太さ

フラットラッシュが不自然に仕上がる理由で一番多いのが、毛先の太さによるものです。

フラットラッシュは毛先まで太さがあり、しっかりとボリュームが出ることが特徴の一つです。いつもと同じデザイン本数を装着してもフラットラッシュのほうが濃く見えてしまうのは、このフラットラッシュならではの毛先の太さのためです。

ボリュームを出したい方にとってフラットラッシュの毛先の太さはメリットですが、ボリュームを出したくない方にとっては毛先の太さがデメリットとなることがあります。

とくに、今までセーブルエクステボリュームラッシュなど毛先が細く繊細な仕上りになるマツエクを装着していた方は、フラットラッシュとの毛先の質感の違いを強く感じるかもしれません。

商材メーカーの違いが原因の場合

フラットラッシュを何度か経験されている方の場合「通うアイラッシュサロンを変えたら急に不自然になった」というケースもあるかもしれません。
フラットラッシュは、商材によって毛先の太さが異なるケースがあります。気になる場合は、毛先が太めの商材を使用しているかどうかアイラッシュサロンに確認してみましょう。

【フラットラッシュが不自然になる原因その3.】装着本数

フラットラッシュは軽量のため、今までは装着できなかった短い自まつ毛や細い自まつ毛にも装着できる場合があります。

そのため、つけ放題のコースなどでフラットラッシュを装着した場合や、本数をお客様側で指定しない場合などには、装着本数がいつもより多くなる場合があります。

例えば、ミンクエクステでは100本しか付けられないお客様でも、フラットラッシュなら120本つけられるケースなどはよくあることです。

このように、単純にフラットラッシュでは装着本数がいつもよりも多くなることで、密度濃さが出てしまい不自然な仕上りになる場合があります。

フラットラッシュの不自然さを抑える方法

フラットラッシュは、シングルラッシュの中でも最も軽く、柔らかく、持ちの良いマツエクです。

ほかのマツエクにはないメリットがたくさんあるため、フラットラッシュの見た目の不自然さを改善できれば、今後も装着し続けたいとお考えになるお客様がほとんどです。

お客様

自まつ毛への負担や持ちを考えたら、フラットラッシュはやめたくない!

お客様

フラットラッシュのまま、ナチュラルに仕上げられたら良いんだけど…

そこで、仕上りが不自然になりがちはフラットラッシュを、できるだけナチュラルに仕上げるためのアイデアをいくつかご紹介いたします。

次回のメンテナンスでアイラッシュサロンに行くときに、ぜひ参考になさってください。

【フラットラッシュの不自然さを抑える方法その1.】デザインを控えめにする

フラットラッシュはボリュームが出やすいマツエクのため、いつもどおりのデザインで装着するといつもより派手に仕上がることがほとんどです。

そのため、フラットラッシュを装着する場合はフラットラッシュのボリューム感に合わせてデザインも一新することをおすすめします。

ボリュームが出るぶん長さを短くしたり、軽さによるリフトアップ効果があるぶんカールを弱くするなどして、派手にならないようデザインを調整すると良いでしょう。

【フラットラッシュの不自然さを抑える方法その2.】細めのマツエクにする

お好きな長さやカール感が決まっていて変えたくない場合などは、太さを調整すると良いでしょう。

マツエクの太さは、定番の0.15mmを中心に、細いものだと0.1mmや0.12mmなどの太さを選ぶことができます。フラットラッシュの場合、毛先に太さがあるぶん一段階ほど細いものを付けることで、今までと同じくらいのボリューム感に仕上がるケースもあります。

ただし、どの太さを用意しているかはアイラッシュサロンによって異なりますし、アイラッシュサロンによってはフラットラッシュの太さにバリエーションがない場合もあるため、定番の0.15mm以外の選択肢がない場合も珍しくありません。

太さを変更できない場合は、ほかの方法でボリューム感の調整をする必要があります。

【フラットラッシュの不自然さを抑える方法その3.】本数を少なくする

フラットラッシュはボリュームが出やすく、あまり本数を多く付けてしまうと密度が高くなりすぎてしまい、黒々とした濃さが出て不自然に仕上がることがあります。

自まつ毛の生えている本数や状態によっても、最適なマツエクの本数には個人差がありますが、ビッシリとマツエクを埋めすぎている場合は少し本数を減らすことで抜け感が生まれ、不自然さを抑えてナチュラルに仕上げることが出来ます。

ただし、装着本数が目の大きさや自まつ毛の状態に合っているかは、ご自身で判断することは難しいかもしれません。気になる方は、担当アイリストに相談してみましょう。

【フラットラッシュの不自然さを抑える方法その4.】ブラウン系のカラーエクステを装着する

フラットラッシュには、ブラウン系のカラーエクステもあります。

ブラウン系のカラーエクステは、通常のブラックのマツエクよりも肌なじみが良く、より違和感なくマツエクが仕上ります。

ブラックのマツエクの黒々とした感じが苦手な方は、ぜひブラウン系のフラットラッシュをお試しください。

まとめ

本記事では、フラットラッシュが不自然になる原因と、不自然さを抑えてナチュラルに仕上げる方法についてご紹介いたしました。

フラットラッシュは、マツエクそのものの軽さや、毛先の太さ、装着本数が多くなることなど、いくつかの原因によってほかのマツエクよりも不自然に仕上がる場合があります。

しかし、軽くて柔らかく持ちも良いフラットラッシュは、不自然ささえ改善できれば今後も継続していきたいと考えるお客様は多いものです。

フラットラッシュは、デザイン、太さ、カラー、装着本数などを調整することで、不自然さを抑えてナチュラルに仕上げることが可能です。

ぜひ、調度いいボリューム感になるようアイリストに相談しながら、フラットラッシュを続けてくださいね。


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です