≫ 掲載希望のサロン様はこちら

マツエク施術時のコンタクト|はずす?つけたまま?どちらが良いか解説

マツエク施術時のコンタクト

当サイトは、読者の皆様にとって有益な情報を無料で発信し続けるため、広告収入を元に運営されています。そのため、記事内に広告が含まれる場合があります。

コンタクトレンズ(以下、コンタクト)は、視力が弱い方にとっては必須アイテムです。

また、サークルレンズ(ディファイン)やカラコンなども、多くの女性がファッションのために取り入れています。

このようにコンタクトを日常的に装着している方にとって、マツエク施術時のコンタクトは問題となります。

「コンタクトははずしたほうが良いの?」
「マツエクサロンで外す場合はどうするの?」
「マツエク中もコンタクトをつけていたい」

本記事ではこのようにお悩みの方に向けて、マツエク施術時のコンタクトについて詳しく解説していきます。

コンタクトをされていてマツエクをはずすかお悩みの方は、本記事を参考になさってください。

マツエク施術時のコンタクトレンズ

マツエクの施術時は、とくべつな事情がない限りコンタクトをはずすすことをおすすめします。

コンタクトの装着を勧めるサロンも中にはありますが、施術中のコンタクトの装着にはいくつかのリスクが伴うためです。

なお、コンタクトはアイラッシュサロンに着いてからはずすこともできます。

視力が悪くギリギリまでコンタクトを装着していたい方は、カウンセリング等がすべて終わってから、施術の直前にはずすことも可能です。

マツエク施術時にコンタクトをつけるメリット

施術中のコンタクトレンズは本来はずすべきれすが、逆に装着することを推奨しているアイラッシュサロンもあります。

その主な理由となっているのは、施術中にコンタクトを装着することで「目がしみにくくなる」というメリットがあるためです。

施術中に目がしみてしまう理由は、グルー(接着剤)の揮発成分が黒目の神経に反応して、刺激を感じるためです。

マツエクの施術中にコンタクトレンズを装着していることで、コンタクトレンズが黒目をカバーしてくれるため刺激を感じにくくなるのです。

マツエク施術時にコンタクトをつけるデメリット

コンタクトを装着することでグルーの刺激を和らげることができますが、それ以上に施術中のコンタクトの装着はリスクを伴います。

マツエクの施術では、1~2時間ほど目を閉じた状態が続きます。そのため、コンタクトが乾き、瞳の充血などの目元トラブルを引き起こすおそれがあります。

とくに、ハードコンタクトレンズは施術前に必ず外しましょう。

ハードコンタクトレンズは硬く小さなレンズであるため、施術の際の手圧などで瞳が傷つくことも十分考えられるためです。

また、有害なグルーの揮発成分がコンタクトレンズに付着し、そのレンズを使い続けることが安全上・衛生上の問題となります。

これらを考慮し、最近ではお客様に対してコンタクトレンズを外すことを積極的に促しているサロンが増えてきています。

どうしても目がしみやすく施術中にコンタクトレンズを付けていたい方は、1DAYタイプなどの使い捨てレンズを施術中に装着し、施術が終わり次第処分することをおすすめします。

アイラッシュサロンでコンタクトをはずす場合

コンタクトレンズをアイラッシュサロンに到着してからはずす場合は、いくつかポイントがあります。

慌てることのないよう、事前に確認しておきましょう。

コンタクトのケースを持参する

アイラッシュサロンでコンタクトをはずし、再度装着する場合は、ケースを持参しましょう。

数年前までは、アイラッシュサロン側でケースを常備している場合がほとんどでした。

しかし、ここ数年は衛生面を考慮し、不特定多数のお客様でケースを共有することを廃止しているアイラッシュサロンも増えてきました。

1DAYタイプのコンタクトではずした後に廃棄する場合はケースは必要ありませんが、施術後に装着する場合はケースが必要です。

また、ケースに保存液を入れた状態で持っていくのが無難です。

ギリギリにはずす場合は先に申し出る

視力が悪く、裸眼ではサロンの中を歩くこともままならない方もいらっしゃるかもしれません。

また、カウンセリングなどでデザインを一覧表から選ぶなど、視力が必要となる場面もあるかもしれません。

その場合、コンタクトをギリギリまでつけていたい旨を担当アイリストに早めに伝えておきましょう。

カウンセリングが終了するとすぐに施術が始まってしまい、はずすタイミングを逃す場合があるためです。

まとめ

本記事では、マツエク施術時のコンタクトレンズについて詳しく解説してきました。

マツエクの施術時は、コンタクトをはずすことが推奨されます。

目を閉じた状態の瞳の乾燥や、レンズへのグルーの付着がリスクとなるためです。

サロンではずすときはケースを持参し、直前にはずす場合は担当者に早めに伝えましょう。


こちらも読まれています

マツエク

まつ毛パーマ

まつ毛美容液


メディア掲載について

メディア掲載cta1

メディア掲載cta2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です